グーグルアドセンスの広告の貼り方伝授!

スポンサーリンク

グーグルアドセンスの広告の

貼り方にコツはあるのかなぁ

てんしちゃん
てんしちゃん

しっかりとルール守って、収益につながる

広告の貼り方がありそうだよ☆見てみよう!

この記事ではグーグルアドセンスの広告の貼り方に関してやり方を共有し、収益が上がりやすい位置を研究します。

グーグルアドセンスの広告のポリシーを読み解く

基本原則

AdSense をユーザーと広告主の皆様に快適にお使いいただくため、AdSense プログラムに参加するサイト運営者様には次の行為が禁止されています。

・「広告をクリック」、「協力してください」、「これらのリンクへアクセス」、などの表現を使用して、Google 広告をクリックするようにユーザーを誘導すること。

・広告の近くに誤解を招くような画像を表示すること。

AdSense プログラム ポリシー

⇒誤クリックを防止するよう努めることです。広告と紛らわしい表現はアウトということです。

ラベルに関して

AdSense をユーザーと広告主の皆様に快適にお使いいただくため、AdSense プログラムに参加するサイト運営者様には次の行為が禁止されています。

・Google の広告ユニットの上に誤解を招くようなラベルを表示すること。たとえば、「スポンサーリンク」や「広告」は使用してもかまいませんが、「お気に入りサイト」や「本日の特典」などの表現は使用できません。

AdSense プログラム ポリシー

ラベルは貼らなくてよい。貼るなら「広告」と「スポンサーリンク」のみということです。

ads.txtに関して

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

AdSense プログラム ポリシー

⇒「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」対処法は以下の通りです。

ads.txt は正しく設定・設置しないと収益が下がる等のマイナス面もあるので、現状では設置していなくても問題はないという情報があります。設置方法がよくわからない、十分理解できていない場合、不安がある場合は設置しなくても良いということです。しかし、上記の文から設置したほうがメリットがあるようにも読み取れます。やり方は「レンタルサーバー名 ads.txt」で検索すると、解決法が書いてあります。私は、「mixhost ads.txt」で検索しました。

レンタルサーバーを徹底比較【厳選8つ】同条件比較!でサーバーは参考にしてください。

設置後は、正しく設置できているかチェックする無料ツールがあります。不安な方は確認しましょう。下記のサイトで検索ボックスに ads.txt を設置したドメインを入力するだけでチェックしてくれます。

| webtru

なお、アドセンスのホームの警告文は設置してから1日~経過しないと消えないようです。

グーグルアドセンスの広告で収益化するコツをまとめてみました

指標の説明ですが、ページCTRが1%ならば、「100回記事を見た時に広告が1回クリックされた」ことになります。このCTRをいかに上げるかがポイントです。

広告数は?

以前は貼っていい広告数は3つまでという制限があったようですが、2016年8月から貼っていい広告数の上限はなくなりました。こう聞くと、広告貼りまくろうって思いますが、ブログのコンテンツよりも、広告の方が多いとNGのようなので、気を付けたいところです。実際の目安はというと、1000文字で1個のアドセンス、2000文字で2個のアドセンス、3000文字で3個のアドセンスとすると良いようです。また、記事の前半に広告を多く配置して、後半にかけて少なく配置していくと良いようです。

グーグルアドセンスの広告のおすすめの貼る位置とは?

モバイルを意識

モバイルはサイドの広告は表示されないので、サイドに貼らないようにしましょう。モバイル広告サイズで最も使用されているのは、320×50のサイズです。

タイトル下、アイキャッチ下

レスポンシブ(ディスプレイ、リンク広告のこと)のリンクユニットがおすすめのようです。ただし、2019年4月よりリンクユニットは仕様としてなくなったようです。2020年ブロガーは使うことができません。よってレスポンシブ横長がよいとされています。

目次の上、最初の見出し前、リード文下、見出し上

レスポンシブスクエア(正方形)orダブルレクタングル(長方形)がよいようです。

記事下

レスポンシブスクエア(正方形)orダブルレクタングル(長方形)がよいようです。

一番下

関連コンテンツ広告がおすすめですが、月間1万PV超えないと使うことができません。

(サイドバー上)

レスポンシブスクエア(正方形)がよいようです。

グーグルアドセンスの広告の貼り方伝授!まとめ

グーグルアドセンスの広告の貼り方伝授!ということで、お伝えしてきました。まずグーグルアドセンスポリシーを見て広告の貼り方のルールを違反しないように努めることが大事です。収益化するコツはどこにどんあタイプの広告を貼るかということを意識すると良いようです。ぜひ、収益を狙えるといいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

グーグルアドセンスのブログ審査についてのほうもお読みいただければ嬉しいです。

これからブログをはじめる方はコチラを参考にしてみてください。

ブログ初心者1か月の記事数とPV数とは?

ブログ初心者2か月の記事数とPV数とは?

ブログ初心者3か月の記事数とPV数とは?

タイトルとURLをコピーしました