英作文の添削をオンラインで!おすすめ8選。

スポンサーリンク

英作文って自分で添削できないのよねぇ

本当に合っているか不安だわ

てんしちゃん
てんしちゃん

英作文の添削がオンラインでできるよ!

ポイントをチェックしよう★

この記事では、英語4技能の中で自学習が一番難しい英作文の対策法をお伝えします。添削してもらうためには、何を利用するのかも含めてお伝えします。

英語4技能完全習得メソッドに関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

英語4技能完全習得メソッド

英作文の添削をオンラインで!英作文には2パターンある!

英作文には主に2パターンあります。

和文英訳

例:「タバコを吸うのはよくないと多くの人が思っている。」を訳しなさい。

Many People think smoking is not good for health .

⇒「多くの人が~」は「Many people」で始めると良い、というような基本型を覚えます。

自由英作文

例:「タバコの分煙には賛成か反対か」100語で述べよ。

①文字数指定は8割以上書くこと

②指定ワードがある場合は、しっかりと盛り込んだか

③スペルミスがない、英文法エラーがない

④テーマを外していないかどうか

⑤繰り返しの多い表現になっていないか

⑥段落分けをしっかりしているか

という基本を守って書くことが求められます。

さらに、一般的なエッセー(小論文)の書き方としては、

(1)最初に自分の意見を述べる

(2)その意見に対し、理由と根拠を述べる

(3)最終段落で自分の意見の再提示をする

という書き方の型があるので、型を覚えたらひたすら書く練習をしていきます。書いたら探索してもらう必要があるので、次でご紹介します。

英作文の添削をオンラインで!おすすめ8選。

英作文は他人に添削してもらわないと、自分の間違いに気づきません。というのも自分では正しいと思って書いていますからね。有料、無料ツールのメリット、デメリットをまとめたので、参考にしてみてください。

無料ツール5選!

無料ツールは基本的に解説が英語になるところに注意が必要です。また、基本的にダウンロードが必要になります。ただし、スペルミスや英文法ミスは指摘してくれるので、その程度のチェックでよいということであれば、無料でも十分です。

フレーズフレーズミー

【メリット】日本語対応で、イラストもあり親しみやすいです。

【デメリット】自由英作文の添削はなく、和文英訳中心です。

【有料化すると・・】1000円/1か月で練習回数を無制限にできる。(無料は5回/1日)

英文法と瞬間添削で学ぶ英作文・英語ライティング | フレーズフレーズミー
'フレーズフレーズミー'は、アウトプットとしての英語をマスターしたい人のための学習サイトです。ネイティブによる英作文の添削が無料で瞬時に受けられます。単に添削だけではなく、文法事項の説明があるので、しっかりとした英語力を身につけることができます。

Grammarly

【メリット】150個のスペルミス、英文法ミスをチェックしてくれ、テキスト入力後、自動校正してくれます。

【有料化すると・・】30ドル/月で250個のスペルミス、英文法ミスをチェックしてくれます。

Write your best with Grammarly.
Grammarly makes sure everything you type is easy to read, effective, and mistake-free. Try it today:

Ginger

【メリット】翻訳、辞書、朗読機能があります。

【デメリット】言い換え表現の提案は1文1文となり手間がかかります。添削解説がありません。

Ginger Proofreader
Gingerは、ブラウザやソフトウェアで英語のスペルと文法をチェックしてネイティブのように修正してくれる、無料の英文チェッカーです。

1Checker

【メリット】文章全体を評価してくれます。添削画面も全画面で見やすいです。

1Checker
英語の学習にも役立つ!英文法やスペルをチェックしてくれる無料ソフトウェア

PaperRater

【メリット】ダウンロードしなくてよいのが楽です。

【デメリット】英文法ミスのチェックが甘いようです。

Free Online Proofreader: Grammar Check, Plagiarism Detection, and more
PaperRater uses Artificial Intelligence to improve your writing. Includes grammar, plagiarism, and spelling check, along with word choice analysis and automate...

有料ツール3選!

有料ツールは解説もほしいとなると、追加料金を支払う必要が出てきます。語数で価格が決まるところがあります。

英語試験ライティングセンター

英検に特化したサービスになります。英検準1級の添削は以下の通りです。

毎日150語で13000円/月です。毎日が難しい場合は、月10回で10000円/月になります。解説は6000円追加でかかりますが、毎日150語で13000円/月のコースは要相談のようです。

英検1級、準1級英作文対策専門 英語試験ライティングセンター
英語試験ライティングセンターは英検1級、準1級の英作文対策を専門的に行う日本では数少ないサービスになります。文法やスペルミスだけではなく、文章の構成や高得点を獲得する為のノウハウを提供しております。

Fruitful English

英検、TOEICなど対応しています。約100語で550円というチケット制のサービスになります。

解説をお願いする場合は、さらに約100語で550円のチケットが必要になります。チケットは多く購入する方が、1枚当たりの値段が安くなるシステムです。

英作文のフルーツフルイングリッシュ
英作文に特化した日本e-Learningアワード受賞オンライン英語学習サイト。生きた英語を書き、あなたの英語力をアップさせましょう!

IDIY(アイディー)

英検、TOEICなど対応しています。月10回以上添削を依頼する場合は、定期券がおトクになります。

毎日50語で4980円です。解説アリにすると+3000円になります。

毎日100語で8900円です。解説アリにすると+3000円になります。

どちらのコースも、語数を増やして添削してほしい場合、100語追加で1回1000円程度かかります。安くはないですね。裏技的に、150語の添削を依頼する場合は、50語コースなら、3日に分けて50語ずつ送ると経済的です。そうすれば、1か月で10回150語の英作文添削を受けることができます。

では、語数当たりで料金を考えていきましょう。

有料ツール3選を同じ語数で比較すると・・IDIY(アイディー)の圧勝!

150語の添削を1か月でお願いすると・・

・英語試験ライティングセンター 10回で10000円

・Fruitful English 10回8250円(1回825円換算より)

・IDIY(アイディー) 10回で4980円(50語×3日=150語として30日で10回)

英作文の添削をオンラインで!おすすめ8選。まとめ

英作文の添削をオンラインで!おすすめ8選。ということで、有料と無料ツールをご紹介しました。英作文はまず型を覚えましょう。次に添削してもらいましょう。添削は、必要に応じてツールを使うと良いでしょう。30回程度の英作文の添削でもかなりマトモな文章になるので、おすすめです。

無料ツール5選

・フレーズフレーズミー

・Grammarly

・Ginger

・1Checker

・PaperRater

有料ツール3選

・英語試験ライティングセンター

・Fruitful English

・IDIY(アイディー)

お読みいただきありがとうございました!

英会話でお悩みの方は、以下の記事を参考にしてください。

英会話(オンライン)安い、安心、おすすめできるもの厳選4つ!

英単語でお悩みの方は、以下の記事を参考にしてください。

英単語を効果的に暗記する方法!メソッド神7①

タイトルとURLをコピーしました