中学英語勉強法(やり直しもOK)

スポンサーリンク

中学で英語が苦手になると大変だと

思いますが、よい勉強法はありますか?

てんしちゃん
てんしちゃん

中学英語で適切な勉強法に基づいて

努力すれば、必ず伸びます!

この記事では、中学英語の正しい勉強法をお伝えし、点数を取れる科目にしていきます。一番最適な勉強法をお伝えします。

中学英語勉強法を考える

まず基本的には、学校で週5回以上英語の授業があるわけで、それは全員必須のものです。よって、その授業をしっかり受けるのが最も効率的な勉強法になります。したがって、一番の勉強法は、学校の教材を使うことです。なぜなら、学校のテストは、学校の教材から出題されることが多いからです。授業で使用しているノートやワーク、配布されたプリントなどを活用してください。ポイントは、間違えたものはチェックしておき、繰り返すことです。理解するまで反復して覚えるようにしましょう。反復学習により、定着度が上がります。

では、勉強する際のコツを見ていきましょう。英語は言語であるので、体全体を使って学ぶのがコツです。

耳で聴こう

近年、高校入試ではリスニング問題が増えています。公立高校では問題の2割~3割を聴き取り問題が占めています。リスニングはネイティブの発音する「音」を知らなければ当てることができません。たくさんネイティブの英語を聴いて、知っている単語がどのように発音されるかを覚えて耳を鍛えましょう。そのためには毎日聴いて耳を慣らすしか上達の道はありません。できればスクリプト(読まれる原稿)がある方がよく、見ながらここはこう言うのかというのが分かると上達していきます。また、ネイティブの真似をして、その発音を自分の口で表現することで、その単語の音を知り、聴き取ることができるようになります。

口に出そう

英文を音読することで記憶に残りやすく、すらすら読めると自信がつきます。音読すると単語の並びが自然と頭に入るようになります。さらに日本語訳をあらかじめ覚えたうえで音読すると、意味を理解しながら暗記できます。音読は複数回繰り返すとより効果的です。

耳で聴き、口に出す、英会話が最適です。しかし、中学生は思いのほか時間が取れません。(1日英語は20分できればよい方)1日3分でできる対策がスタサプEnglishです。

通常

目で見て、手を動かそう

英単語

何度も書いて覚えます。1単語あたり書く回数は決めなくてよく、覚えられたら次に進むイメージでいきましょう。口に出しながら覚えるのも効果的です。以下で押さえればパーフェクトです。1日で数個完璧に覚えるより、1日でたくさんの単語に触れて、繰り返す回数を増やす方が覚える効率がいいです。

中学英語の「わからない」を速攻解決!やり直しOK【英単語編】

英文法

英文法は、そのルールを理解すること、説明できるようになることが必要です。定期テストや模試、高校入試などの試験問題において、文法の問題は世に出尽くしていて、新しい傾向の問題はめったになく、過去に出題された問題が解ければ、大丈夫です。問題演習を通して練習を積みましょう。以下で押さえればパーフェクトです。

中学英語の「わからない」を速攻解決!やり直しOK【英文法編】

長文読解

長文問題は経験値がモノを言います。英文を読むという作業に慣れるために、たくさんの文章を読んでおきましょう。ネイティブにとっては小学生レベルの内容です。落ち着いて取り組みましょう。

英作文

減点法なのでミスをしないことが重要です。「書けることを書く」を心がけましょう。英単語や英文法を間違えないように気につけるべきです。英作文には表現方法のパターンがあるので、そのパターンを押さえて、何度も書いてみることが重要です。最終的には添削してもらいましょう。

ここまで必要ないかもしれませんが、以下も参考にしてみてください。

英作文の添削をオンラインで!おすすめ8選。

中学英語学年ごとのアプローチ

各学年での英語に対する考え方を見ていきましょう。

中1

英語に苦手意識を持たないためにすることが一番重要です。以下苦手になりやすい点です。

・初めて英語に触れ、アルファベットを書くのもほぼ初めて、単語が読めない、単語が覚えられない。

・一般動詞の活用、三単現のS、複数形のS

中1の段階で「英語は努力が必要な教科」であることを押さえましょう。中1からコツコツと努力して英単語や英文法の理解力を積み重ねれば、入試の得点源にしやすい科目になります。英単語の練習や音読を継続して基礎を固める必要があります。

部活動が2~3時間を想定すると、1日で自由に使える時間は平日で平均2.5時間ともいわれています。その時間の半分程度、1.5時間は毎日勉強をしたいところです。1.5時間で5科目やるのであれば、1科目は20分以内の計算です。そうなると、1コマ15分で完成するスタサプがおすすめです。

スタディサプリ中学講座

中2

テストや入試で英語を得点源にするためには、鍵となるのが中2で習う英文法です。英文法のマスターを目指しましょう。難しい英文法も出てくるので、毎回の授業が大切です。学校の授業についていけるよう復習することがポイントになります。また、中学2年で習う英文法は高校入試にもよく出題されます。授業内容の理解が、高校受験の対策にもなります。復習を中心に学習を進めていきましょう。

中1同様、部活動が2~3時間を想定すると、1日で自由に使える時間は平日で平均2.5時間です。その時間の半分程度、1.5時間は毎日勉強をしたいところです。1.5時間で5科目やるのであれば、1科目は20分以内の計算です。そうなると、1コマ15分で完成するスタサプがおすすめです。

スタディサプリ中学講座

中3

中3の英語は、入試に向けた長文対策と中1からの総復習です。問題を何題もこなすようにし、トライアンドエラーを繰り返しましょう。

部活を引退すると、自由時間が4.5時間~5.5時間になります。勉強量を確保できるようになりますので、今までの復習をどんどんやっていきましょう。

中学英語勉強法まとめ

中学英語勉強法としてお話をしてきました。まずは、学校で与えられたものをこなすのが第一で考え、難しく感じてきたら分かりやすい授業アプリ(スタサプなど)も活用し、得意科目にしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました