歯列矯正ブログ 茨城県 装置装着編

スポンサーリンク

歯列矯正ブログということで、前回は無料検査と相談をしてもらいました。歯列矯正ブログ 茨城県

今回は、いよいよ詳しい検査と装置のセッティングです。詳しく見ていきましょう。

歯列矯正ブログ 茨城県

詳しい検査

費用は37730円です。内容は以下の通りです。

・詳しいレントゲン検査

・歯型取り

・写真撮影

詳しいレントゲンは前回と違う機械を用いての撮影でした。歯列矯正ブログ 茨城県参照。

歯型取りは、ガムみたいなものを口に入れて噛んで取るようなものでした。上の歯と下の歯で取ります。

写真撮影は、装置を入れた後に取りました。経過観察用かと思われます。

詳しい検査はトータルで15分程度で終了しました。分析結果は次回の診察で説明してくれるとのことでした。

装置のセッティング

費用は495000円です。20回分割が無利子で可能で1回あたり24750円です。さらに毎月の処置費用が5500円かかります。

私の場合、上の歯(2番の歯)が後ろにへこんでいるので、前に出すのが一番優先とのことです。よって上の歯全体に装置をまずは付けることになりました。

装置のセッティングの前に、歯をキレイにしてくれます。具体的には、歯磨きと歯石を取ってくれます。15分程度で終わります。

いよいよ装置のセッティングに入ります。

まず、歯を乾いた状態にして、ワイヤーを通すための器具を歯にくっつけます。薬剤塗布後にくっつけます。くっつけ方は、何かライトのようなものを当ててくっつけるようです。痛みは全くありません。

その後、ワイヤーを通して終了です。この作業も痛みは全くありません。

以上で約1時間です。痛みは全くありません。身を任せるだけでした笑

これからのお話

これからのお話を最後に受けて終了です。

・痛みの話

・食事の話

・歯の磨き方

痛みの話としては個人差があるようで、装置セッティング後2~3時間で痛むことが多いとのことで、痛みのピークは装置をセッティングした次の日ということです。いたみがある場合は痛み止めを処方してもらえるので、それを服用することで和らげることができます。

食事の制限は基本的には無いようで、何を食べてもいいようです。ただし、痛みがある場合は柔らかいものを食べる、装置にくっつくようなガムなどは避ける方が良いようです。

歯の磨き方として、装置に沿って磨く用に山型と谷型の歯ブラシ、装置の間用のブラシ、細かく磨けるブラシ4本を使った磨き方を教えてくれました。初期は無料で配布され、次回以降は歯科医院で買うこともできるようです。

左から順に山型歯ブラシ、谷型歯ブラシ、装置の間用歯ブラシ、細かく磨けるブラシです。下の緑のケースにはグロスが入っていて、装置が当たって痛みを感じるときに装置に塗る用です。

通院は基本月1回になるので、月1回情報を更新していきますね。

お読みいただきありがとうございました!

花粉症でお悩みの方はコチラ

花粉症の舌下免疫療法を体験して分かったこと

男性型脱毛症でお悩みの方はコチラ

男性型脱毛症の対応とは?

視力でお悩みの方はコチラ

視力回復手術の種類

HIV検査に関してはコチラ

埼玉でHIV検査受けてみた

遺伝子検査はコチラ。

遺伝子検査をするメリットとは

歯列矯正はコチラ

歯列矯正の過去ブログは以下をクリック。

歯列矯正ブログ 茨城県

歯列矯正ブログ 茨城県 装置装着編

歯列矯正ブログ 茨城県 精密検査結果編

タイトルとURLをコピーしました