歯列矯正ブログ 茨城県 精密検査結果編

スポンサーリンク

昨月に詳しい検査をしたので、その結果報告の概要をレポートします。

検査結果

・口腔内写真

・エステティックライン

鼻の先端と下あごの最突出点を結ぶ線のことです。異常なしでした。

・パノラマエックス線写真

親知らずが3本映っています。(1本はだいぶ前に抜いてあります)

・CT写真(前・後・右・左)

・顔面・正面レントゲン写真

骨格的なずれはなく、異常なしでした。

・模型分析

標準ラインに対して、自分の歯がどう収まっているか数値化したもので、私は顎に対して歯が大きいとのことでした。

・レントゲン分析

出っ歯、受け口かどうかの判断で、私は異常なしでした。

写真付きでファイルにして以上のものを手渡してくれました。いつでも見ることができるのは良いことかもしれませんね。

歯列矯正ブログ 茨城県

治療計画

最後に検査結果をもとに、具体的な治療計画が示されました。

私の場合は、1.5年~矯正にかかるとのことで、多少前後することがあるようです。歯科医の指示をしっかり守ることが最短ルートになると思われます。

結局、親知らずの抜歯が必要になり、下1本、上1~2本抜く必要がありそうです。半年くらいで歯並びは治るそうで、その後の移動の際に親知らずが邪魔になるとのことで、抜いたほうがいいようです。抜くタイミングはその半年以内であればいいようです。半年で2~3本抜くのは正直嫌ですが、きれいな歯並びのためには仕方ないと割り切って頑張りたいと思います。

ワイヤーでの矯正治療後は、保定装置を1.5年装着する必要があり、合計すると3年かかる見込みです。取り外し可能な金具と、透明なマウスピースを使うことになりそうです。金具は若干話しづらくなるようです。

来月(治療3か月目に入るタイミング)に下の矯正装置を付けることになりました。所要時間は90分くらい見込むとのことです。いよいよ、本格的な矯正生活が始まります。

矯正装置を1か月付けてみての感想

矯正装置を付けて2~3日痛くなると言われていましたが、全く痛くなることなく過ごすことができました。痛み止めを一切使いませんでした。歯が動いていないのかと思いきや、しっかりと動いているようでした。

これからは、矯正用のワイヤーを少し強くしてこれから1か月過ごすことになるので、痛みが出るかどうか様子を見ていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

花粉症でお悩みの方はコチラ

花粉症の舌下免疫療法を体験して分かったこと

男性型脱毛症でお悩みの方はコチラ

男性型脱毛症の対応とは?

視力でお悩みの方はコチラ

視力回復手術の種類

HIV検査に関してはコチラ

埼玉でHIV検査受けてみた

遺伝子検査はコチラ。

遺伝子検査をするメリットとは

歯列矯正の過去ブログは以下をクリック。

歯列矯正ブログ 茨城県

歯列矯正ブログ 茨城県 装置装着編

この先もチェック

歯列矯正ブログ 茨城県 抜歯~抜糸編

歯列矯正ブログ 茨城県 装置装着編(下の歯)

タイトルとURLをコピーしました