歯列矯正ブログ 茨城県 抜歯~抜糸編

スポンサーリンク

歯のスペースを確保するために、上と下の親知らずを抜歯することになりました。詳しくレポートします。

紹介状を書いてもらう(無料)

通っている矯正クリニックでは抜歯ができないということで、紹介状を書いてもらい、近所の口腔外科で受診する運びとなりました。

紹介状はクリニックによると思いますが、無料で依頼したら次の日に準備してくれました。紹介状がある方がスムーズに事が運ぶようなので、積極的に紹介状を書いてもらうと良いと思います。

紹介先の病院で検査(5000円程度)

紹介状にレントゲン写真も付けてくれていましたが、念のため紹介先の病院でも検査をすることになります。主にCTとレントゲンです。およそ30分くらいで検査が終わり、どう抜くか話し合う形でした。

私は4本親知らずが生えるパターンで、

・右の下→横に生えてきて正常な歯を圧迫していたため、矯正前の数年前に抜いていました。

・左の下→歯の根っこが神経に触れているような見立てです。神経を切断するようなことはなく、損傷の可能性が教科書的に1割程度ということです。ただ、先生的には一度もそのように損傷までいったことはないということで、プロっぽさを感じました。

基本的に下の歯の方が回復までに時間がかかるそうです。

・右の上→これが厄介で、歯の根っこと鼻がつながっているようで、抜くと穴の大きさ次第では副鼻腔炎などの合併症や、ふさぐ手術を後日しなければならないこともあるようです。矯正医から難しいようなら抜かなくても大丈夫という話もあり、今回は見送ってもいいでしょうということになりました。

・左の上→一番簡単に抜けるとのことで、苦労はしないでしょうという見立てでした。

結果として矯正のために4本中3本抜くことになります。1本は数年前に抜いているため、2本矯正のために抜かないといけません。

本来、抜かなくとも問題のない親知らず2本ということですが、保険適用で抜いてもらえるようです。一度に2本抜くこともできるとのことで、通院の手間も2本考えて抜いてもらうことにしました。

抜いた後は、手術自体は30分~40分で終わるようですが術後の経過もあるとのことで90分程度見ておくと良いとのことでした。1週間後に予約が取れたので、1週間後に2本抜きます。ちなみに抜いた1週間後には抜糸の必要があるとのことで、約2週間もあれば親知らずを2本抜けるというイメージです。

歯列矯正ブログ 茨城県

紹介先の病院で抜歯(2本抜歯で5000円程度)

抜歯の流れを簡単にご説明します。

上の歯の抜歯

まず簡単な上の歯から抜きました。

流れは、麻酔注射を2か所打ちます。チクッとする痛みが一瞬です。10分ほど麻酔が効いてくるのを待ちます。麻酔が効いてきたら、抜きます。上の歯は1分程度で抜けました。簡単に抜けすぎて抜けたのがよくわからないくらいでした。

下の歯の抜歯

こちらは先生からもさっきより時間がかかるよと言われました。実質は30分くらいかかったようです。

流れは、麻酔注射を2か所打ちます。チクッとする痛みが一瞬です。10分ほど麻酔が効いてくるのを待ちます。麻酔が効いてきたら、抜きます。抜く歯が大きいようで、抜くためのスペースを作りつつ、歯も適宜削りながら、抜いていただきました。先生がある種の実況中継をしてくれるので、さほど恐怖はなかったです。ただ、抜くときは抜かれているなという鈍いか感覚がありました。麻酔をしているため激痛とかではありませんでした。

抜歯後数時間

抜歯後は以下のようになります。

抜いたところに血餅(血の塊)ができるのを優先させます。そのため、体温を上げるような行為(運動、入浴等)を避けます。軽いシャワーは問題ありません。

痛み止めを麻酔が切れる前に飲みます。麻酔は2時間から3時間で切れるので、切れるまでに飲みましょう。

歯が抜けたところは傷口であるので、感染を防ぐために抗生物質を飲みます。4日間飲み切るように指導されますので、飲みましょう。

抜歯後1日目

抜歯後1日目が最も痛いとも言われていますが、たしかにずーんとくる痛みがありました。しかし、痛み止めで全く痛くなりませんでした。痛み止めは大目にもらえるはずなので、のんでいきましょう。

抜歯後2日目~1週間

違和感やズーンとくる重い痛みがかすかに感じる日々でしたが、食事や会話などで苦労することもありませんでした。眠れないときは痛み止めを飲んで寝ると、痛みを感じずに眠れました。

紹介先の病院で抜糸(500円程度)

抜歯の際、糸で組織を縫ってもらいますので、その糸を抜いてもらいます。

消毒して、ピンセットのようなもので抜糸します。1分程度で終了です。痛みは全くありません。

うがい薬を処方されて終わりでした。

花粉症でお悩みの方はコチラ

花粉症の舌下免疫療法を体験して分かったこと

男性型脱毛症でお悩みの方はコチラ

男性型脱毛症の対応とは?

視力でお悩みの方はコチラ

視力回復手術の種類

HIV検査に関してはコチラ

埼玉でHIV検査受けてみた

遺伝子検査はコチラ。

遺伝子検査をするメリットとは

歯列矯正の過去ブログは以下をクリック。

歯列矯正ブログ 茨城県

歯列矯正ブログ 茨城県 装置装着編

歯列矯正ブログ 茨城県 精密検査結果編

この先もチェック

歯列矯正ブログ 茨城県 装置装着編(下の歯)

タイトルとURLをコピーしました